更新:2017/12
/12



                   と   う   か   つ   ほ   し   み   た   い

                                           我孫子 柏 流山 の天文ファン
望遠鏡×2=双眼望遠鏡です。特殊フィルーターを使って太陽観望会


今日の月齢
  
東葛星見隊とは



活動日誌 ブログ

掲示板


メンバーの部屋


リンク

メンバーのフォト
ギャラリー


我孫子親水広場
プラネタリューム


柏プラネタリューム





本サイトは
「スター・ウィーク2012」
に協賛しています。


 
***東葛星見隊は観望会を応援します。*
   2017年〜2018年1月
真冬ですので防寒対策と空腹には十分気を付けてください。
・往復の車の運転には、十分安全でお願いします。 

・この時期の天体は、
月→おもに、上弦の月の時期を選んで観望会を開催となります。
満月は、太陽の光で月全面が明るくて、月の模様やクレーターが見えづらいです。半月(上弦の月)ですと、月全体の模様は見られませんが、コントラストが出て見やすく、クレーターに至っては、細かいところまで、くっきり、はっきり、すっきりです。

すばる→天文用語はプレアデス(7人の姉妹)星団と呼びます。
日本では枕草子に「星はすばる・・・」と記されていて、大昔から親しまれている星団です。地方には六連星(むつらぼし)、羽子板星とも呼ばれています。目の良い人ですと5、6個の星が、相当目の良い人は7個見えます。目の検査に使います。望遠鏡のレンズを見たとたん、130個ほどの星々が一気に目に飛び込んできます。圧倒的な迫力のある星団です。すばるを見て、星空が好きになったという方が結構多いです。地球からの距離は410光年の彼方です。
 
オリオン大星雲→冬の星座と言えば、オリオン座が超有名です。そのオリオン座の三ツ星の左の星(アルニタク)の下に小三ツ星(オリオンの盲腸?と呼んでいます)に大星雲があります。目で見ると、散光星雲のため見ずらいのですが、目をほんの少しずらして見ると、小三ツ星付近が何となくボーっと小指の頭くらいの大きさに見えます。望遠鏡で見ますと、大星雲の中心部辺りが雲(星雲)のような形(鳥の形)をしているのがわずかに確認できます。そして、中心部にトラペジューム(台形)と言う誕生して間もない(数千万年)赤ちゃん星の4重星が超小さく台形で、形どっているのが見えます。地球からの距離は1500光年の彼方です。

冬の天の川(およそ6等星)→皆さんの多くは、天の川が夏に見える(ある)もので、冬は見えない(ない)と思っている方がおります。天の川は、太陽系全体を囲むように位置しています。天の川の中心部方向(目で見ても中心部を含む辺り付近まで明るく見える)は夏に位置しますので、大変見やすいのです。また、反対の冬は、中心部から反対になりますが、天の川の星々は星の数ほどあります。 ただ、中心部と違って、天の川自身が明るくないので、大変見えづらいのです。夏も冬も相当暗い場所で見ますと、夏の天の川は濃い口です。冬の天の川は薄口の天の川です。3等星が見えるくらいの星空では、冬の天の川は、オリオン座付近にも流れています。目で見ると、ベテルギュースはしっかり見えますが、天の川の星々はかなり見えづらいです。望遠鏡で見ると、天の川の微光星がたくさん見えてきます。

【観望会】
12月23日(土)我孫子市北近隣センター並木本館観望会
・17:00〜19:15
 
・参加費:無料  ヤフー地図:https://yahoo.jp/4O-XhS
・主催:我孫子北まちづくり協議会
・定員には、まだ余裕がありますので、ぜひ参加ください。
・「上弦の月」と「すばる」ほか。
クリスマスイブをされる方が多いと思いますが、月の模様やクレーターのごつごつとした激しい形、すばるの130個におよぶ圧倒的な星の存在感を望遠鏡で見ていただき、この雰囲気を温めながら、イブをご家族で楽しんでください

・デジカメで、月を写すことができます。

18年1月13日 手賀の丘少年自然の家観望会
・定員:満員となり、締め切りになりました。
・主催:手賀の丘少年自然の家
「すばる」「オリオン大星雲」「冬の天の川」ほか

1月20日(土)親水広場観望会
・17:00〜19:00
・ヤフー地図:https://yahoo.jp/9ZrcXw
・主催:我孫子市手賀沼課
・参加費:100円
・「すばる」、「オリオン大星雲」、「冬の天の川」ほか
親水広場は、手賀沼のほとりにあるので、星空は3等星が見えます。
冬の天の川は目では見らづらいですが、望遠鏡で天の川の微光星を見ていただきましょう。 


1月27日(土)柏市青少年センター
観望会
・16:30〜18:30
・ヤフー地図:https://yahoo.jp/cazLOv
・柏市に在住の方が対象です。 ・参加費:無料
・主催:柏中央公民館 
04-7164-1811
・「すばる」「オリオン大星雲」「冬の天の川」ほか
柏市内は、街明かりで星空はかなり厳しいのですが、この青少年センター付近は少し街明かりが少ないので、天の川を観望するチャンスがありそうです。


1月31日(水) 皆既月食観望会
・20:30〜23:00
・我孫子市親水広場駐車場 
・ヤフー地図:https://yahoo.jp/9ZrcXw
・参加費:無料
・主催:東葛星見隊 協力:エヌケイサービス(株)
めったにお目にかからない皆既月食の観望会です。月の欠け始め20:30〜、皆既状態21:50〜23:10、月食終了24:10長時間になりますので、相当の防寒対策と空腹に十分ご注意ください。途中で帰宅もOKです。

詳しくは、現地で説明しますが、太陽-地球-月が一直線(通常は満月の時)に並び、地球の影が月を覆うために月食が起きます。影が月全体を覆うため、皆既月食と言います。皆既月食では、月食が始まるときは、普通に月が食され三日月状態になっていきます。時間が過ぎて、皆既状態になった瞬間、全くの神秘的な様子に大変化します。皆既状態が終わると普通の月食状態に戻ります。大変不思議で神秘的な様子を目で確かめて、望遠鏡でさらに神秘的を体験しましょ
デジタルカメラで月食状態(皆既状態も)を撮影ができます。
 

・当日の観望会可否判断は、主催者へ直接連絡して、確認してください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東葛星見隊主催の当日の観望会可否判断は、当日16時までにこのホームページの活動日誌ブログに表示します。ブログを開いてご確認ください。



★観望会、天体写真撮影、東葛星見隊Jrなどのお問い合わせ:東葛星見隊

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
天文ガイドに「東葛星見隊」が掲載されました。
「森と紙のなかよし学校」のレポートです。


 
イベント情報
 



望遠鏡を貸し出し中
 
 星見隊やメンバー所有の望遠鏡を東葛星見隊Jrの皆さんに無料で貸し出します。自宅での観望や観察に役立ててください。詳しくは「星空たんけん」観望会時またはメールにてお問い合わせください。
観望会やイベントの様子

 2011年5月8日手賀沼Enjoyフェスティバルで東葛星見隊は太陽のプロミネンス・黒点を望遠鏡で見る観望会や天体写真の掲示、望遠鏡操作体験のイベントを行いました。 東葛星見隊ブースには855名以上(昨年は600名超)の方々が参加されました。
                          
 例会の様子





[][][][][][][][][][][]